別院のご案内


別院清龍寺観音院
清龍寺観音院は、和光市白子の地に存立する、大本山神瀧山清龍寺不動院の別院で、東京駅から約20分、JR総武線本八幡駅徒歩5分(都営新宿線6分)の位置にある都市型寺院です。
本堂の護摩の燃え盛る智火を結界に上がり、直接に頂くことで、身体安全、病気平癒などの諸々の願いが成就される寺院として人気があります。
寺院屋内には、各種の納骨堂が設けられ、最上階の4階には引越し出来る納骨堂の「愛墓陵」が開設されています。

境内のご案内


その奥正面にはご本尊の観音菩薩が鎮座され、階上、階下の寺院全体に慈悲にみちた愛のパワーを放たれています。
寺院を訪れる全ての人々が、思わず手を合わせたくなる聖域です。

エレベーターを降りると正面に礼拝室、礼拝室を見守る位置には観音様が鎮座され、いつも暖かいまなざしで、故人のおみたまと礼拝に来られるご遺族のみなさまを、見守って下さっています。
いつでも、お好きな時におとずれ、般若心経の読経を聞きながら、故人の遺影を画面に呼び出し、故人を偲ぶ、至福のひとときをお過ごし下さい。
まさに、時代が生んだ時代が求める、これからの無上のお墓でありましょう。

法主 瀧澤猛龍

法主の公職
1. 市川市シルバーセンター監事
2. 市川市職場警察連絡協議会副会長
3. 市川商工会議所常議員(現議員)
4. 選挙管理委員会明推協、元副会長(現理事)
5. 犯罪被害者協議会(ドメステイック・バイオレンス)シェルター寺院
6. 千葉県空手道連盟常任相談役(十段位)

年中行事のご案内
当寺の三密の秘法護摩による、開運・厄除けのご祈祷、お護摩の智火による素晴らしい御利益を是非御体験下さい。
徳川家康公が戦に行くとき必ず身につけていた御不動様が当寺の秘仏として大切に保存されています。
古木に囲まれ霊気深い瀧や洞窟蔦のかかった池と清涼な水の湧き出る泉美しい景観を楽しんで戴くことができます。
平成2・3年の2回、TBSテレビ「そこが知りたい」において当寺の加持祈祷の大護摩が放映されました。
御護摩の厄除けと開運の智火を結界の壇上にあがって御自分自身の手であたる事によって御不動様の多大な御加護を得ることができます。
是非一度御祈願にお越し下さい。

昨今では、その人形やぬいぐるみ等を感謝の気持ちを込めて報恩 供養するようになりました。
人々の念のこもっている人形やぬいぐるみを粗末に扱えないということから寺院で丁重に供養をする習慣が生まれ今日に至っています。
感謝を込めてご供養をいたしましょう。

年中行事
※毎回新しい発見や心暖まる法話が御座います。